グラビアフォト・ドットネット お問合せお申込み
 
ヌード撮影について
一口にヌード写真と言っても、その露出度やポージングは様々です。

たとえば、よく分類されるのがセミヌードとオールヌード、ヘアヌードですね。
セミヌードのセミ(semi)とは、半分、半ば、やや、などの意を表す英語の接続詞です。完全では無い半分ヌード。つまり半裸のことを差しますが、なぜか水着や下着をきちんと着けた状態をセミヌードとはいいません。女性の場合は、乳首やヘアが見えていないヌードのことを指します。これに対して乳首が見えているヌードをオール(フル)ヌード、ヘアが見えているヌードをヘアヌードと呼んでいます。

最近は、セミヌードを撮られる方が多いのですが、セミヌードでも、女性としての美しさを十分表現可能です。
また、風俗店などの宣材写真用では、すべて露出するよりかえって魅力的だったりしますので、当店ではセミヌードをお勧めすることが多いです。

ヌード写真1  
     
  

形容詞の違いでもいろいろあります。「かっこいいヌード写真」、「かわいいヌード写真」、「エロいヌード写真」、「そそられるヌード写真」とか。
その人の顔やスタイルに合ったヌードというものがありますし、また利用目的やどのようなヌード写真にしたいかによって、撮影方法も異なってきます。

写真工房 創では、そういった個々の魅力と利用目的を見極めながら、いろいろなポーズバリエーション、撮影方法を用いてお客様に満足していただけるよう心がけて撮影しています。

カメラマンについて
   
最近、女性カメラマンに撮ってもらうヌード写真が流行っているようです。
特にマタニティ・ヌードなどは女性カメラマンが多いようですね。
マタニティヌードは、記念的な要素が強いのでそれでもいいかもしれません。
確かに女性同士なら恥ずかしくないし、リラックスして撮影できるかもしれません。
しかし、女性カメラマンには撮れないヌード写真もあります。
男性から見て、女性としての魅力あふれるヌードは、やはり男性カメラマンにしか撮れないと思います。

私のところに来られるお客様は、はじめは確かに緊張している方もいますが、最後はとてもリラックスして、そして大胆に(笑)、美しくなっていきます。
カメラマンとのやりとりや撮影の雰囲気で、撮られたいモード、女性モード全開になっていく方がほとんどです。はじめは水着グラビアだけのつもりが、いつの間にか脱いでいた、なんて方もいらっしゃいました。
やはり、女性にとってヌードを撮ると言うことは、とても繊細なことなんだと思います。
ですから、事前の打ち合わせを入念におこない、お客さまに納得していただいた上で撮影を進めていきます。

   
撮った写真は写真集に    
まるでグラビア青ドルのような20ページの写真集が1万円からお作りできます。
1枚コストに換算すると500円/ページと断然お得。
保存性にもすぐれ、今の自分を将来に残すのにぴったりです。

   
写真修正で若返りも    
顔は化粧である程度若返ることができますが、体のラインはそうはいきません。
もっと若いときに撮っておけばと後悔している方は、ぜひ写真工房 創の写真修正をお試しください。
美肌処理、バストアップ、ウエスト引き締め、ヒップアップや大きさの調整など、最新の技術で若い頃ののスタイルを取り戻せます。
また、太ってしまったという方も、ダイエットしなくても太る前のスタイルを取り戻すことが可能です。

※修正部位や状態によっては修正しきれない場合があります。

   
料金は、TOPページをご覧ください。    
お気軽にお問い合わせ
ください。



TOPページ
ヌード撮影 
オリジナル写真集 
 セルフ・ヌード撮影
 事前準備などのQ&A




運営:写真工房 創
0436-26-5010


特定商取引に基づく表記


スタジオ所在地
千葉県市原市南国分寺台1-3-9

大きな地図で見る






 
   
Copyright (C) 2011 syasinkoubou-sou. All Rights Reserved.